2010/8/15 日曜日

Lompoc

Filed under: 2010 Lompoc. USA.,ニュース — TAZI @ 11:11:34

今回、アメリカのサルーキで見たいと思っていたサルーキがいました。
そのサルーキの母犬は2007年に「NOFCA Grand Course」というオープンフィールドコーシングの全米大会でNo.1になった「TSH HawksView’s Pan Zereta」の子犬たちです。
そのサルーキが見れた事に加え、今回そのブリーダー&オーナーのKarenさんと Lauren さんとお友達になることができました。 この写真を私のHPで掲載する事の許可をメールでいただいております。
 Karenさんの犬舎 HawksView のサイトはこちらです。
www.hawksviewhounds.com

[HawksView's Best Kept Secret.  ~Mystic~] 
Owner/ Karen & Lauren Chen.
dsc_0967.jpg  dsc_0781.jpg
とてもきれいなブラックサルーキです。 

[HawksView's Trouble With Secret.  ~Mini J~]
Owner/ Lois Kincaid .    父犬
 「Grassland SJ Shadow」のオーナーさんです。
HandlerはKaren さんの娘さんLauren Chenさんです。
dsc_0768.jpg 

ジャッジはイタリアの Kan Ya Ma Kan Saluki のブリーダージャッジ Mr. Roberto Forsoni さんです。
dsc_1551.jpg

2010/8/14 土曜日

Lompoc

Filed under: 2010 Lompoc. USA.,ニュース — TAZI @ 23:29:04

今回のLompocのドッグショーに行く目的は「Silverado」に会いに行く事でした。
そしてSilveradoに会い、そのブリーダーさんと沢山お話をし、とても良い信頼関係を結ぶことができました。
そこで今回の目的が大きく変わる話へと発展していきました。。。

Silveradoはとても良いサルーキでした。しかしブリーダーさんがキープしているもう一つの兄弟犬はとても美しく気品のあるサルーキでした。
私はこのサルーキのオーナーになる名古屋の知人に「このLitter(兄弟犬)の中で一番いい子を・・・」とお話をしていました。

その兄弟犬は4回行われたドッグショーで出場は3回。そのうちクラス1席を2回(サルーキのスペシャリストによるジャッジは2回)。そのうち1回はベストパピーに輝いていました。 (サルーキのスペシャリストによるジャッジ)。

そのサルーキの名前は「Sabatier」です。  
これらのサルーキたちはアメリカの有名犬舎の完全なラインブリーディングによって誕生したサルーキたちです。その中でSabatierはその元となる先祖犬に瓜二つ・・・そっくりでした。私はオーナーになる知人とじっくりと話をし、オーナーと私とでその決断をし、無理を承知でブリーダーさんに「日本に迎えるサルーキをSabatierにしてほしい」と頼みました。その交渉には一緒に行って通訳をしてくれた高野さん、小山さんにも様々なご協力をいただきました。
当然のことながらブリーダーさんの最初の答えはNo。。。 「この子は昔の子を思い出すから・・・」と、ブリーダーさんの心境もあって私の交渉に困っている様子でした。
その後交渉は続き、何とか私たちの熱意は伝わり理解をしてくださいました。 交渉成立です。よって来年春に日本に来るサルーキは2010年Lompocのベストパピーに輝いた Sabatier  となりました。

dsc_1397.jpg  dsc_1434.jpg   Sabatier.

私はこのサルーキが日本に入る事はオーナーさんになる方のご希望に叶うものと思っています。「おそらく今度迎える犬は自分にとって最後の犬になると思うから。いいサルーキを迎えたい・・・」そしてそれは迎え入れる段階の過程から全てに携わっており、良い思い出になると私は思います。
そしてオーナーさんはいずれTAZIの未来へとつながるといいと思ってくれています。

このサルーキのブリーダーさんも様々な国へジャッジとして招かれているとても有名なサルーキのスペシャリストです。犬舎名やブリーダー名は後日にお知らせします。
Lompocでのドッグショー最終日、ブリーダーさんはSabatierのクラス1席やベストパピー受賞のリボンと景品をオーナーさんの元へ届けている場面がありました。それを見たとき・・・、私はアメリカまで来たことは大きな意味があったと感じました。 サルーキとの縁は人との縁につながると私は思います。それは大切なものに思います。
私は私自身、また私の周りにいてくださる方も、人と人とのいい出会いがあったらいいなと思っています。

2010/8/9 月曜日

Lompoc

Filed under: 2010 Lompoc. USA.,ニュース — TAZI @ 22:44:10

アメリカはニューメキシコ州のアルバカーキにある犬舎 Ramazahn  のサルーキです。
ブリーダーは Terry Smith and Daniel Bunn さん。テリーさんとダニエルさんはご夫婦です。 アメリカではこのようにブリーダーとしてご夫婦の名前を記載するケースが多いです。
その殆どが奥様がブリーダーという場合が多いようです。

Ramazahn Meleri.
ブラックタンのスムースサルーキです。
dsc_1364.jpg  dsc_1700.jpg

Ramazahn Tanwen.
レッドのスムースサルーキです。
dsc_1753.jpg

Ramazahn Braith.
このような首に入る白い模様をアイリッシュマークと言います。
dsc_1066.jpg

この3頭は全て2005年生れです。

2010/8/6 金曜日

Lompoc

Filed under: 2010 Lompoc. USA.,ニュース — TAZI @ 11:53:48

TAZIのホームページを見ていただきありがとうございます。 沢山のアクセスがある中、なかなか更新できなくてすみません。
時差ボケと仕事とで忙しい状態ですが少しずつ更新いていきますのでこれからもよろしくお願いします。

アメリカのブリーダーや友人からのお誘いもあり、日本のお友達4人でカリフォルニア州のLompocで3日間行われたドッグショーに行ってきました。
サルーキのエントリー数は約200頭。アメリカの様々なタイプのとても美しいサルーキたちを見ることができました。また多くのスペシャリストブリーダーと会話をし交流もできました。
とても意味のある旅になりました。

写真は日本にいる Impala Tabasco の兄妹で Impala Habanero です。
Chubascoラインをもつスムースサルーキ。 やはり私はこのタイプも好きですね~。 格好いいんですよね。
dsc_1710.jpg dsc_1711.jpg dsc_0830.jpg

一緒に行ったTAZIのオーナーさんを介してお友達になった小山さんと Habanero です。
この首輪はTabasco のオーナーさんがLoisさんにプレゼントしたTAZI オリジナル首輪です。 使ってくれていて嬉しかったです。
dsc_0825.jpg

そしてChubasco ラインを持つ Impala Chubasco Toocson の子、「Hazy」 です。
dsc_1210.jpg dsc_1205.jpg dsc_0821.jpg

dsc_1220.jpg dsc_1600.jpg

2010/7/31 土曜日

Los Angelesから

Filed under: 2010 Lompoc. USA.,ニュース — TAZI @ 21:02:28

現在Los AngelesはSanta Mariaにあるホテルから更新しています。

昨日、(現地の金曜日)に3連日あるドッグショーの初日に開催されるサルーキショーに行きました。会場では私たちのために日陰になるテントと椅子を用意してくださったアメリカの皆さんに深く感謝しています。ありがとうございました。
人は人に支えられて楽しむことができることをつくづく感じています。そして多くを見習い、私も一人でも多くの人を楽しませることができたらいいと思います。

今日のドッグショーではアメリカの多くのみなさんとのうれしい再開と、どうしてもお会いしてお話をしたかった方との会話が実現できうれしく思っています。ChubascoのJo-Annさんをはじめ、ImpalaのLoisさん、RamazahnのTerryさんご夫妻ほか、多くの再開があり楽しく会話ができました。そして日本から来た私たちを親切に迎え入れてくださり皆様にとても感謝しています。

Copyrights Reserved TAZI